安比塗漆器工房日記

appinuri.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 26日

穴埋め

クリスマスが終わると、年末の忙しさがいっきにやってきますね。
工房も仕事に年末の準備におおわらわです。


b0111095_17422334.jpg

今日は、「こくそ」という工程をしたのでそのことについて。

漢字で書くと「刻苧」。

木地屋さんから来た木地には、たまに虫食いの穴や傷、木の節なんかがついているのですが、
それをそのままにしていると、割れが入ったりします。

それを防ぐために、傷を取り除き(つまりは傷を掘るわけですが)「こくそ」を埋めます。

「こくそ」は、簡単に言うと木粉と漆を混ぜたものです。
それを、掘ったところに埋めます。
この作業で、木地の状態を保つことができます。

b0111095_17491525.jpg

↑こくそ埋めをしたところ。

充分に乾いたら、余分についているこくそを取り除きます。
一番上の画像に載っている「ばんんかき」という刃物を使います。

b0111095_1755570.jpg

↑余分なこくそを取り除いたところ。

そして、その上に砥の粉と漆を混ぜた「さび」をつけて、表面を整えます。
b0111095_17591269.jpg


この手間を惜しまないことで、長く使われる器が出来るのです。
地味な作業ですが、漆器作りには大切な工程です。
[PR]

by appinuri | 2007-12-26 18:01 | 漆について


<< 今年もありがとうございました      メリークリスマス☆ >>