安比塗漆器工房日記

appinuri.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 06日

小判弁当 その後、、、、

毎日30℃超えの真夏日で、なんとも嬉しいカナリです。
夕立なんかもあったりして。夏☆って感じでいいですね。


さて、クーラーもなく汗だくになりながらも、毎日職人は漆にまみれていますよ。

小判弁当の次の作業、「錆付け」をしていたのでその模様をお伝えします。
b0111095_14502898.jpg

数回拭漆をして、漆を染み込ませた後で「錆付け」を行います。


b0111095_14515262.jpg

これが↑「錆(さび)」。砥の粉と漆を混ぜたもの。
土に漆を混ぜて、セメントみたいなものを作る感じです。(分かりにくい、、、?)


b0111095_14545426.jpg

↑こういう隅に「錆」を綺麗に付けていきます。↑
隅の処理がうまくなかったり、穴をふさぐために必要な作業です。


b0111095_1456372.jpg

↑これが「錆」を付けた後。隅が綺麗になりました。
この一手間で仕上がりが随分違ってく見えるのです。



この後、また拭漆を繰り返して仕上がり、、、となります。

真夏の拭漆は、地獄!!ですが(両手に手袋をしての作業になるので、いつもの2倍汗だくになります)職人も頑張っております。仕上がりまでお待ち下さい。
[PR]

by appinuri | 2007-08-06 15:41 | 漆について


<< 小判弁当 その後、、、、2      暑さの中 >>