安比塗漆器工房日記

appinuri.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 15日


今朝も安代は、夏はいずこへ?と問いたくなるくらい寒く、そして物凄い霧でした。
龍とか仙人とか(見たことないのですが)、たくさんいそうだなーと思うほど。

午後からは、ムシッと、なんだか暑くなってまいりましたよ。



これらは普段下中塗で使っている刷毛でございます↓。
b0111095_1640524.jpg

この毛、人の髪の毛なんですよ~。
人の髪の毛を束にして、板で挟んであります。
板の下のほうまで入っているので、使っているうちに毛が短くなってきたら、
板の部分を削り、毛の部分を出して、ほぐして使います。

幅の広いほう(左)は、主に漆を塗るための刷毛で、
幅の狭いほう(右)は、隅に溜まった余分な漆を取るための刷毛、隅きり、と言います。余分な漆を取らなかったら、ドえらい目に遭います。そのドえらい目、はまた後々。


塗る漆や施す作業によって、それぞれ使う刷毛も違ってきます。
出てる毛の長さや幅が違ったり、
人の髪の毛でなく、馬の毛だったり、イタチの毛だったり、鼠の毛などなど。


刷毛を作る職人さんがいて、
木地を作る職人さんがいて、
漆を掻く職人さんがいて、
漆器を買って下さるお客様がいらっしゃるから、
私は漆塗りをしていられるんだなーと思い、毎日感謝です。
皆様、ありがとうございます^0^/
[PR]

by appinuri | 2007-07-15 17:41 | 漆について


<< おやつⅡ      華やぎ >>