安比塗漆器工房日記

appinuri.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 12日

いい色

昨日と変わらず肌寒い安代からお届けします、安比塗漆器工房日記。スタッフのカナリです。
今日も漆の話をお伝えしていこうかと思います。

昨日は木地の画像をのっけましたが、今日はその続き。
「木固め」のことを。



b0111095_18364291.jpg

このお椀たちは、漆(生漆)をたっぷりと吸い込んだところです。↑

昨日の木地の画像と比べてみて下さい。
一目瞭然で、すっかり色黒になってますよね。

「木固め」と言って、木地に漆をたっぷりと染み込ませる最初の作業になります。
木地を強くするために欠かせない大事な作業です。
なので、仕上がってきた木地には必ずこの「木固め」の作業をします。

より吸い込ませるために、生漆に溶剤を少し混ぜて希釈したものを塗ります。
木の種類によっては、よく吸い込むものと、そうでないものとがあります。
木目がつまっているか、つまっていないかで違いがでるのです。

上の画像のお椀たちは栃の木ですが、よく吸い込んでいい色になっていますね。
この後、弁柄漆を重ねていくので、この色が見れるのはこの時までです。
[PR]

by appinuri | 2007-07-12 19:01 | 漆について


<< 毎日のこと      7月だっていうのに、、 >>