安比塗漆器工房日記

appinuri.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 07日

漆って、、、、、?素黒目編

今日は七夕☆ですね。
生まれて二十数年経ちますが、こんなに綺麗に晴れた七夕は初めてかもしれません!!
安代地区はよく晴れて、星が綺麗に見えますよ。皆さんのところはいかがですか?


さて、さて、
昨日の「生漆編」で、ばっふっと簡単に漆について説明しましたが、
今日は「素黒目」について。

b0111095_1322294.jpg



この黒っぽく見えるのが「素黒目」です。↑

生漆を精製してできたものなんですが。
精製というのは、生漆を攪拌しつつ熱を加えつつ、質を均一にしながら水分をとばす作業のことです。

なんのこっちゃって感じですが。
今は機械を使って精製作業をしますが、昔の人は手で一日中漆をかき混ぜていたそうです。
(炎天下の中)
今の時代に生まれてよかったと、ささやかな幸せを感じれる時ですね。


そうしてできた漆は、茶褐色で透明感があります。

安比塗漆器工房では、素黒目をそのまま使うことはあまりしません。
顔料を混ぜてから使ったりします。

そして、当工房では、自分達で精製した漆を使って製作をしています。
なので、混ぜ物のない確かな漆を使って、確かなモノづくりに取り組めています。
なんて贅沢!!!
[PR]

by appinuri | 2007-07-07 13:32 | 漆について


<< 部屋      漆って、、、、?生漆編 >>