安比塗漆器工房日記

appinuri.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 10日

漆って、、、、?弁柄編

先日誕生日を迎えて(そんなに若くもないのに)はしゃいでいたカナリです。
いくつになってもお祝いをしてもらえるっていうのは、嬉しい限りです☆


さて、今日は漆の話の続き。
弁柄編」です。

↓これが弁柄漆。↓

b0111095_15595030.jpg


「弁柄」という顔料を素黒目漆に混ぜたものです。
弁柄というのは、酸化鉄でできていて、鉄の錆のようなものですかね。

前回の「素黒目編」で書いたように、
素黒目というのは半透明なので、顔料を混ぜるて色を変えることができます。

この弁柄はうちの工房では一番良く使う漆で、主に下中塗に使います。


この弁柄の他にも、顔料を変えることでちがう色の漆が作れます。
たとえば、本朱や洗朱と呼ばれる朱系の色はご存知の方が多いと思いますが、
ピンクや水色、紫や緑などカラフルな色の漆も作ることができます。
それらを総称して「色漆」と呼びます。


ちなみに、私はこの色漆が大好きです。
(だからどうしたってこともないんですが。)
[PR]

by appinuri | 2007-07-10 16:17 | 漆について


<< こきたない      部屋 >>