安比塗漆器工房日記

appinuri.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 09日

部屋


暑くなってまいりましたね。
でも、安代地区の夜は冷えます。
寒いので、眠るときは毛布と布団を頭からかぶってますシマカワです。


b0111095_16475773.jpg


↑これは、漆風呂(うるしぶろ)という、漆の作業をしたら必ずお世話になる部屋です。

漆が乾く良い条件は、温度20~25℃、湿度75~80%くらいでしょうか。
簡単に申しますと、漆は空気中の水分と結びついて乾きます(正確には、固まります)。
漆を乾かすため、温度と湿気が保たれた部屋が、この漆風呂なのです。

安代の冬は、家の中でも洗濯物が凍るほど寒いので、漆風呂の中の温度と湿気の管理が大変です。
ヒーターを入れて暖めてても、次の日の朝には温度も湿気もどーんっと下がってるので、
漆風呂の中の空気を暖めることから始めます。
反対に、温度も湿気もばっちりな今の季節、漆の乾きが早くなるので、夏は夏で漆の調節が大変です。



私の借家の部屋々は雪が入ってくるほど隙間が多くて寒いので、冬はこの漆風呂の中が羨ましいくらいです。
あ、大家さん、ごめんなさい。

[PR]

by appinuri | 2007-07-09 17:38 | 漆について


<< 漆って、、、、?弁柄編      漆って、、、、、?素黒目編 >>