安比塗漆器工房日記

appinuri.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 10日

26年度 修了作品

お知らせが遅くなってしまいましたが、

26年度、安代漆工技術研究センターの修了作品が
ただ今八幡平市役所、結の広場にて展示されています。



b0111095_13285569.jpg


b0111095_13291181.jpg



b0111095_141230.jpg


以下は展示プレートの説明を抜粋しました。



「六角木地蒔絵箱」


江戸中期に活躍した絵師 伊藤若冲の
梅と葡萄の図案にインスピレーションを得た
桐素材のセットの作品です。
2年目に学ぶ「木地蒔絵」の技術を採用。
砥の粉と生漆を使って枝の立体感を再現し
躍動感が生まれました。




普通は、漆で黒く塗った上に蒔絵をするのですが、
この作品では、木の上に蒔絵を直接施しています。

木の部分に漆がはみ出してはいけないので
神経を使う技法です。


ぜひ!実際にご覧いただきたいと思います。



この作品を作った長山さんは、
4月から安比塗漆器工房にて働いています。

作品についてのよもやま話などなど、
直接工房でお話しいただくのもアリですので
工房にもお立ち寄りください。




こちらの結の広場では、
今までの修了生の作品を順次入れ替えながら
展示をしていきますので、今後もぜひお楽しみに!
[PR]

by appinuri | 2015-04-10 13:54 | 工房の日常


<< ミラノサローネ      新パンフレットできました~ >>