安比塗漆器工房日記

appinuri.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 21日

漆絵講習会

先日、高橋勇介先生をお招きして漆絵の講習会が行われました。


安代漆工技術研究センターの研修生に混ざって
工房スタッフも参加してきました。


b0111095_14275089.jpg

こちら↑は「南部箔椀」。
秀衡椀に似ていますが、箔の形や文様など
要所要所に違いが見られます。

こちらは南部家のお殿様方が使われるお椀なので
豪華絢爛。


岩手県北部では江戸時代後半ごろからの漆器に
漆で絵を付けた物がたくさん出回っていたそうです。

蒔絵の様な、金銀キラキラではなく
漆一色で描かれたものや、色の粉を蒔いたものなど。

庶民が生活で普段使う様の漆器だったので
簡素なものですが、味わいが深く
面白い絵柄の物が多いです。


b0111095_14292160.jpg
b0111095_14293243.jpg

今回みんなで描いた図柄は↑このお椀です。

鶴亀松竹。

線がのびやかで、おおらかな感じが全体から伝わります。


b0111095_14342973.jpg


まずは、図柄を置き目紙に写しているところ。

この置き目紙をお椀にくっつけて、
なぞった線をお椀に移します。

そして後は漆で描くのみ。


こう書くと、簡単な感じがしますが
絵筆の運び方が思うようにいかず、
苦戦しながらの作業でした。



研修生に混ざっての作業も新鮮で
とっても楽しい時間でした。





※22日本日まで、安代漆工技術研究センターの4月からの研修生
 2次募集がかかっております。詳しくは下記リンクをクリック下さい。
 八幡平市HP
[PR]

by appinuri | 2013-02-21 14:40 | 工房の日常


<< 先月の話ですが      明日から 酒と肴の器展 >>