安比塗漆器工房日記

appinuri.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 09日

上塗り漆の荒濾し

b0111095_13313151.jpg




毎日積もらないにしても雪が降っています。
寒いのはもう分かっているんだけど、何度も言ってしまう。
寒いです!安代!

安代の冬を何年も過ごしていると、
実家(関西)に帰った時に冬がまったく寒くなくてびっくりしました。
コートなんて必要なし!みたいな。
慣れって怖いですね。



さて、今日は上塗り用の漆の荒濾しをしていました。

これは本朱ですが、
上塗り用の漆は、漆の中にゴミ(といっても本当に小さい小さいつぶつぶ)がない状態にしなくてはなりません。
そのために、塗る前々から準備が必要になります。

荒濾しは、濾し紙(和紙)を何枚も何枚も使って漆を絞り、
綺麗にしていく作業です。
これが結構時間がかかる作業で、丁寧に濾した漆は
上塗り直前にまた、濾し紙を何枚も重ねて絞って、ゴミのない漆に仕上げていきます。


この時の、絞られてとろーと落ちてくる漆がとっても綺麗で
毎回ぼーっと眺めていても飽きません。
[PR]

by appinuri | 2011-12-09 13:41 | 漆について


<< 至福の時      お正月道具展  >>