2010年 06月 20日

これぞ、ザ・❍❍


梅雨入りした安代地区、

今日も雨が降ったりやんだり、雷が鳴ったりやんだり、忙しい天気です。

雨が降ると、緑の色が、より一層濃く見えます。




世の中には、

形、色、素材、仕上がり方など、素敵なお椀が様々あります。

かわいい模様が入っていたり、
持ちやすいように段が付いてたり、
指が滑らないよう、表面に少しの凸凹が付いてたり、ざらっとしていたり。


そんなちょっとした+αが良くて、少ーしずつ食器棚の中で増えていくのですが、


気が付くと、毎日の食事どきに使うお椀て、
たいてい、ごく、普通の、シンプルなものに落ち着いてます。


例えば、工房の定番商品でいえば、こういうお椀 ↓ 。
b0111095_13232066.jpg

面白い形でもなく、スンゴイモノがくっついてるワケでもなく、

フッツーの、シンプルなお椀です。

この、普通さが、漆器だからと言って、超気を使うわけではなく安心して使えちゃうのでしょう。

ヘビロテものですヨ。←使い方、あってるんでしょうか


画像では分かりにくいのですが、
左が 4寸汁椀、右が 3.8寸汁椀(サンテンハッスンシルワンと読みますが、工房ではサンパチと呼んでます)。

大きさだけでなく、形がビミョーに違うんです。

4寸は、ちょっと開いたような感じでスッキリとした形ですが、
3.8寸のほうは、お椀の立ち上がりがまっすぐなぶん、まるっこい感じがちょっとカワユイです。



普段使いのお椀としてオススメです☆





++++++++++++++++++++++++++++++++

(左)4寸汁椀   朱(溜もございます) 1客 6,615円 
          (サイズ/約 直径 12cm × 高さ  7.3㎝)

(右)3.8寸汁椀 朱(溜もございます) 1客 6,090円
          (サイズ/約 直径 11.5㎝ × 高さ 7.3㎝)




明日は定休日によりお休みとさせていただきます。
留守録に不具合がございますので、電話でのお問い合わせ等は火曜日以降にお願い致します。
[PR]

by appinuri | 2010-06-20 14:10 | 工房商品


<< 本日の漆器工房      はるばる >>