安比塗漆器工房日記

appinuri.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 05日

刷毛も様々


            今日は刷毛について話してみましょうか。
b0111095_17513951.jpg
漆を塗るのには、漆刷毛というものを使います。
横に映っているのは、一般的な刷毛の形ですね。
あんまり、知られていませんが 人間の髪の毛で出来ています。
髪の毛を木の板で挟みこんで、毛が悪くなると 鉛筆の様に切り出して使うんですよ。
形は ほぼ同じですが、塗る物の大きさによって刷毛の幅も使いわけます。
よく使うのは、一寸(だいたい3センチ)くらいの刷毛ですね。

b0111095_17515824.jpg
刷毛には、こんな形の物もあります。
蒔絵をする時や漆で模様を描く時に使いますね。
刷毛というより、筆ですね。
これらは、猫やイタチなどの動物の毛でできています。



b0111095_1817343.jpgb0111095_18174836.jpg







色々な毛をつかいますが、現在では なかなか良質な材料が手に入りにくくなっているようです。
髪の毛でも  直毛で こしがしっかりとしたもの。パーマや染めているのはつかえません。
動物の毛でも  背中の毛しか使用しないとか、今では数が少なくなっている動物の毛とか・・・・・
職人からすると、良い道具が手にはいりにくくなるのは辛いですね。

まあ、この様な道具達と一緒に毎日の仕事に励んでいるわけです。
      それでは、他の道具達も またの機会に紹介いたしますね。
                                                 さかな
[PR]

by appinuri | 2009-11-05 18:41 | 工房の日常


<< 先生と生徒?      すこしずつ >>