安比塗漆器工房日記

appinuri.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 04日

すこしずつ


みなさん、こんばんわ。
昼と夜の温度差が結構ある今日この頃、体調を崩したりしてませんか。

世間は秋の訪れを感じているようですが、
ココ安代では、先取りで、冬の訪れを感じることが出来ちゃいます。
昨日の雪にはびっくりしましたー。


b0111095_17245254.jpg

箸の拭き漆作業です。

漆の木から採れたナマの漆・生漆(きうるし)を塗って、
布や紙で拭きとって、
艶を上げます。

拭き取るといっても、きっちり全部拭き取るわけではなく、
艶を残すように拭きます。

漆を拭き取りすぎても、残しすぎても、良くなく、案配が微妙なんです。

拭き取る際に、箸を握った跡も残せません。


この工程を5~6回ほど繰り返します。

b0111095_17285015.jpg

左の箸が拭き漆作業1回目のもの、右が2回目のもの。
画像だと分かりにくいのですが、肉眼で見ますと、艶の少しの違いが分かります。


ほんとに、少しずつ、少しずつ艶を上げていくのですが、

そうすることによって、落ち着いた、奥深い艶になります。





+++++++++++++++++++

拭き漆箸        長さ 23cm   1膳  1,050円
[PR]

by appinuri | 2009-11-04 17:46 | 工房の日常


<< 刷毛も様々      マフラー織ワークショップ 楽し... >>